Skip to content

スマホ修理横浜を業者に依頼する利点と正規店との違い

スマホ修理横浜の店で依頼するとき、気になるのが正規店との違いです。携帯キャリアの店でも修理受付は行ってますし、契約するときに修理保証の案内があって加入する人も多いかもしれません。保証へ加入していると安い料金で直せてキャッシュバックがあったりします。保証がなく行うと数万円の費用がかかりますが、加入していればかなり安くなって契約内容次第で費用がキャッシュバックされることもあります。

正規店だと本体交換が主なので本体に異常があるときは全て解消出来ます。例えば基盤に何か異常が起きているときは修理が難しいこともあり、そんな場合でも本体交換出来れば問題がない基盤のスマホになるため根本的に問題を解決できます。ただ、難点もあってスマホに入っているデータは基本的に全て消えてしまい、携帯ショップだと本体交換になるため、もしバックアップをとってなかったり、取れない状態だとデータを保存できないまま機器を手放すことになります。もう一つ、スマホ修理横浜の店と比べて面倒なのが問い合わせをすると、本人確認や修理手続きで手間がかかることです。

在庫が店にあるときは良いですが、在庫がないと数日から週単位で時間がかかり、代替えのスマホを借りることが出来たりしますが、これまで使っていたのと違う機種になることが殆どで不慣れな端末で過ごさないといけません。一方、スマホ修理横浜の店だと機種や修理箇所、部品在庫で違ってきますが大体は部品交換なら即日で終わります。簡単なものなら数十分で終わり、中には早く終わって最初から非正規店に持って来ればよかったと感じる人もいます。故障や破損した部品の交換修理が主なので、基盤のデータ領域には触れず修理前後のデータも変わらないのでそのまま使えます。

部品交換だけなら大事なデータが消えることもなく、本体がすぐに破損する可能性も低いです。ただ、精密機械を修理するのでリスクが全くないわけではありません。携帯ショップで加入した保証は、基本的に正規店で依頼をしたときに使えるもので、民間の店だと保証されません。ただ、この場合も民間の保証なら利用できるので、保証に関して不安に感じるときは、終わった後の保証などがあるかも確認したほうがいいです。

他にも基盤に異常や破損があるときは難しいこともあり、画面やバッテリー交換なら出来ますが、基盤交換をすることは出来ません。もし、基盤に異常があると疑われるときは本体を交換したほうが問題も解決できる可能性は高いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *